口コミとランキング
厳選&比較

脳の働きを高めるアラキドン酸効果

脳に有用な働きをもたらす事で認識の広まりをみせているDHAとEPAを耳にされた方も多いことでしょう。
それらと同様の働きを行うアラキドン酸に最近注目が集まっています。
これらは、「不飽和脂肪酸」とも呼ばれています。

中でもアラキドン酸は脳発達とともに精神発達にも深く関わっている成分です。
必須アミノ酸の一種で豚肉や植物油などに多く含まれています。
体内で生成されますが十分ではないため、外から補う必要があります。
とくに発達著しい赤ちゃんにはアラキドン酸の摂取が大切です。
アラキドン酸が不足すると発育に大きく影響を及ぼします。
とくに体重や身長などの増加に変化が現れない傾向があります。

アラキドン酸摂取には、母乳育児が推奨されていますが、母乳は基本的に母親が摂取した食事が影響します。
そのため、母乳育児中の母親は栄養バランスのいい食事を勧められます。
しかし、育児中の母親全てが母乳育児を行えるワケではありません。
何らかの事情で母乳育児が出来ない母親もたくさんいます。
そのため最近では、粉ミルクの成分の中にアラキドン酸が含まれている物も販売されています。
アラキドン酸の元はリン脂質です。
脳内細胞膜が作られる際重要な構成成分の一つリン脂質がアラキドン酸に変わります。

リン脂質は固まりにくい性質をもち細胞膜を柔軟に保つ役割を担い神経伝達を促します。
最近の研究では発達障害の一種である「アスペルガー症候群」や「自閉症」などの症状に不飽和脂肪酸であるアラキドン酸をはじめDHAやEPAが一定の効果を上げていることが分かってきています。
情報伝達が柔軟になることで前頭連合野が発達し言語能力が高まります。

以前、自閉症患者に4カ月間アラキドン酸を継続利用させた結果コミュニケーション障害が軽減されたというデータがあります。
療育現場でアラキドン酸を継続的に続ける事で、コミュニケーション障害の緩和に期待が寄せられています。

トップに戻る