口コミとランキング
厳選&比較

発育期の子供にアラキドン酸が必要な理由とは

アラキドン酸は脳の記憶力アップや改善に効果が高いとして、中高年を中心に認知症予防や記憶力低下予防にと注目の栄養素です。
最近では大人だけではなく、成長期の子供にとっても脳機能の発達にとても重要な栄養素で、成長期の子供や、妊娠中や授乳中のママにもおすすめの栄養素としてさらに人気が高まっています。
その理由は、大人と同じく脳機能の活性化。
記憶をつかさどる機能、情報伝達をスムーズにする機能が未発達の成長期の子供にとって生育を助けたり、機能をサポートする大切な栄養素なのです。

アラキドン酸は必須脂肪酸のひとつです。
食品からも体内に取り込める必須脂脂肪酸(リノール酸)からも体内合成されます。
乳幼児や高齢者は体内合成の力が弱いために、充分な量を補うことが難しく欠乏しがちです。
そのため、アラキドン酸を直接食品から摂取する必要があるのです。
アラキドン酸は、肉類やレバー、魚、鶏卵や魚卵といった動物性たんぱく質の食品に多く含まれています。
成長期の子供にとって動物性たんぱく質は丈夫な身体を作るためには大切な栄養素ですが、実は脳機能や心の成長にも大きく寄与するものなのです。
胎児や赤ちゃんの時期にもアラキドン酸は大切です。

母乳にはアラキドン酸がたくさん含まれていますので、妊娠中や授乳中のママはアラキドン酸を積極的に摂取するようにしたほうが、より赤ちゃんの健やかな成長に結びつきます。

粉ミルクの場合は、アラキドン酸入りのミルクを選んであげる方が望ましいといえます。
ただし、いくら脳の発達に良いからと食べ過ぎには注意しましょう。
過剰摂取はアレルギー症状を引き起こします。
少量を毎日続けることを意識しましょう。

トップに戻る