口コミとランキング
厳選&比較

洋食メニューばかりだとアラキドン酸の過剰摂取になる傾向が!

必須脂肪酸の一種でもあるアラキドン酸は人間にとって必要不可欠な栄養成分でもあります。
アラキドン酸を含む食べ物には、肉や魚、レバー、卵などに含まれており、通常の食事をしていれば十分な量のアラキドン酸を摂取することが出来ます。

ただ注意したいのは、アラキドン酸の過剰摂取です。
若い方は和食よりも洋食メニュー、ファストフードなどを好む傾向があります。
牛肉や豚肉を使った肉メニューには、ハンバーグやトンカツ、ホットドッグ、焼き肉、ギョーザ、メンチカツ、ハムなど様々なものがあります。
朝食に油で炒めたウィンナーやハムエッグを食べ、昼食にカツ丼、間食にハンバーガー、夕食に焼き肉など肉中心のメニューを連日続けていくと、あきらかにアラキドン酸を過剰に摂取してしまうことでしょう。
こうした肉類に含まれるアラキドン酸は飽和脂肪酸も多く含んでいます。

もちろん適量であれば身体に必要不可欠な栄養成分で、血液を固まらせる効果や免疫力をつける効果、血圧を調整する効果があります。
しかし肉類の飽和脂肪酸は、コレステロール値を上げてしまうため、食事で過剰に摂取しすぎてしまうことによって、せっかくコレステロール濃度を下げるアラキドン酸を摂取しても、逆効果になってしまうのです。

また肉類を過剰に食べてしまうことによって日本人の腸は西洋人と比べると長い傾向があるため、腸の中で長く留まるため大腸がんを引き起こす原因にもなりかねません。
また肥満や動脈硬化の原因となるため、いくら好きでも毎日肉ばかりを食べていてはいけません。
野菜や魚など栄養バランスを考えながら、毎日食事を摂りましょう。

トップに戻る