口コミとランキング
厳選&比較

ナッツでアラキドン酸を摂取しよう

アラキドン酸は、体内では生成されない物質です。
ですから、私たちは、日々の食事から摂取しなければなりません。
成人で、栄養のバランスがとれた食生活を心がけている方ならば、その中から必要なアラキドン酸を摂取できています。

しかし、ダイエットをしている方、ベジタリアンの方、食事量が少な目の子供やお年寄りは、食事の中で必要量を賄うのは少し難しいです。
アラキドン酸が含まれている食品は、主に肉類、魚類、乳製品となります。
アラキドン酸は、脳の働きを活性化させ、記憶力の向上、免疫力アップ、様々な病気の予防、コレストロース値を下げるというような効果があります。

よって、アラキドン酸が体の中で不足した場合、色々な面で問題が起こります。
アラキドン酸は、体にとって、とても大切な物質なのです。
そこで普段の食事量からでは十分に摂取できない方に、ナッツ類をおすすめします。
実はナッツ類にもアラキドン酸が多く含まれているのです。
ベジタリアンの方ならば、ピーナッツ、アーモンド、ピスタチオなどを砕いてサラダに混ぜて一緒に摂取してみましょう。

また、お子様やお年寄りは、ナッツそのままですと、喉に詰まらせることが心配かもしれません。
ピーナッツバターやピーナッツクリームなどの加工品をパンに塗ったり、ホウレン草などと炒め野菜ソテーにしたりして食べるのもおすすめです。
最後に、注意点ですが、ナッツにアレルギーがある方、高齢で血管に炎症が見られる方は残念ながら摂取を控えていただきたいです。

また、ナッツ類に含まれるアラキドン酸は、w-6という不飽和脂肪酸になり、w-6だけですと、炎症を起こしやすいという特質があるため、炎症を癒す効果を持つw-3という不飽和脂肪酸を同時摂取するようにして下さい。
w-3には、DHA、EPAがあります。
青魚と一緒に摂るようにするか、サプリメントなどで補うようにしましょう。

トップに戻る