口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸の効果がアップする相性の良い成分とは?

脂肪分と聞くと、太りそう、身体に良くなさそうと思われがちですが、不飽和脂肪酸は質が良く身体に不可欠なものです。
オリーブオイルや魚などに含まれていて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる働きをもっています。

活動のエネルギー源になり脳神経を発達させて身体の働きを正常に機能させるため、生命維持には不可欠なものです。
不飽和脂肪酸にはいくつかの種類がありますが、高齢の方や乳幼児であればアラキドン酸を積極的に摂ることがおすすめです。
アラキドン酸は免疫力を高めたり、記憶力や学習能力をアップさせる働きがあります。
しかし、加齢とともに減少したり乳幼児のうちは体内で上手く合成できなかったりするため、年齢によっては不足しがちになります。

ただし、一方では脂肪酸ということもあり、過剰に摂るとやはりカロリー過多になって太りやすくなります。
そこで、効率よくアラキドン酸を機能させて摂り過ぎなくてもいいようにするために、一緒に摂ると良い成分があります。
それがビタミンEやリノール酸、DHAです。

アラキドン酸は酸化しやすい性質を持っているため、抗酸化作用の強いビタミンEを摂ることで状態を新鮮に保つことができます。
リノール酸は、体内でアラキドン酸の合成を促進します。

DHAはもの忘れを防止したり認知症を予防したりする働きがあり、アラキドン酸と同時に摂ることで効果を倍増させることができます。
アラキドン酸は、相性の良い成分も同時に摂ることで、過剰摂取を防ぐことができます。
ついでに相乗効果も期待できるため、この取り合わせを十分に活用すると良いでしょう。

トップに戻る