口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸をバックアップする成分

アラキドン酸とは必須脂肪酸で細胞膜に存在し、生命活動を健康に維持する上で欠かせない成分です。
アラキドン酸は脳内の神経伝達に関わっていて、不足すると記憶力や学習力が低下したり認知症になったります。

そんなアラキドン酸は、オリーブオイルや魚、ナッツなどに含まれています。
食べ物からダイレクトに摂取できるため、意識して口にすれば極端に不足することはありません。
しかし、加齢によって酵素の働きが悪くなるため、若いころと同じだけ摂っていたのでは不足していきます。
乳幼児も同様です。
臓器の発達が未熟なため、酵素が上手く働きません。

やはり乳幼児も意識して摂る必要があるのです。
そんなアラキドン酸は、相性の良い成分と同時に摂ることでバックアップが期待できます。
まずはリノール酸です。
リノール酸とは植物由来のオイルの主成分で、体内におけるアラキドン酸の合成を促進します。
コレステロールを下げたり中性脂肪を分解する働きもあり、生活習慣病の予防に役立ちます。
ビタミンEもおすすめです。

ビタミンEは、活性酸素を除去したり抗酸化作用を持っていたりします。
アラキドン酸は活性酸素が発生すると酸化しやすくなるため、ビタミンEを摂ることで欠点をカバーできます。

ベータカロテンは、アラキドン酸が存在する細胞膜の損傷を防いだり、脂肪酸によって活発になったりします。
必要に応じてビタミンAに変化することもできます。
ビタミンAは強い抗酸化作用をもっていて、オイルと一緒に摂ると吸収率が上がります。
アラキドン酸をバックアップする成分を知って、効率よく摂取し健康維持に努めてみてはいかがでしょうか?

トップに戻る