口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸を食品から摂取する方法

記憶力や言語力に重要な役割りを担う成分としてDHAやEPAに並び最近注目を集めている成分がアラキドン酸です。
アラキドン酸は不飽和脂肪酸の一種で卵やレバー等に多く含まれています。

この成分を多く含む食材は先に述べたように卵やレバーですが、どの食材にどのくらい含有されいるか詳しくみていきましょう。

1、鶏卵・卵黄部 480mg 2、豚レバー300mg、3、ピータン 250mg 4、いわし缶詰 210mgとなります。

このように身近な食材から摂取できる事が理解できます。
しかし、注意をしないとならないのは、摂取方法です。
摂り方によっては摂取効率を下げてしまう場合もあります。
では、ご紹介した食材を効率良く有効成分を摂取していくための方法について解説します。
1の鶏卵は卵黄部分に成分が多く含有されています。
もっとも効率的な摂取方法は生で食べる事です。

茹でたり焼いたり等、熱を加える事で有効成分の含有量は1個あたり80gに減少します。
2で紹介している豚レバ―は紹介しているアラキドン酸の他にもビタミンAが豊富に含まれている事から貧血予防にも効果があります。
レバーは加熱調理する事で酸化しアラキドン酸に変換されます。
調理する際は100℃以上の温度で加熱調理する事がポイントです。

続いて3のピータンは中華料理でお馴染みの食材ですが可食部に多く含有されています。
最後にいわしの缶詰ですが子供でも食べやすい味付けになっているので効率的に成分を摂り込む事が出来ます。

トップに戻る