口コミとランキング
厳選&比較

動物性の食品に多いアラキドン酸

アラキドン酸は赤ちゃんに必要な栄養素として広く知られています。
それは、アラキドン酸が言語の発達や記憶など、脳の機能を促進するからです。
アラキドン酸は体の中で合成されにくい必須脂肪酸で、通常であれば食べ物から摂るのですが、まだ食品から栄養を摂ることのできない赤ちゃんは母乳から摂取しています。

母乳育児が世界的に推奨されているのもこのためなのです。
食べ物だど、鶏やレバー、卵黄に多く含まれているアラキドン酸、きちんと摂ることで免疫力のアップや、記憶力の向上にも効果が現れるという研究結果もでています。
つまり、赤ちゃんだけでなく、免疫力が不完全な子どもや、物忘れの多くなってきたお年寄りにもぜひ摂取していてだきたいものなのです。

一方で注意点もあります。
アラキドン酸を多く含む食品は肉類や動物性のものが多いため、そればかりを食べるとがんや、心疾患の原因にもなりかねません。
良いものはたくさん摂りたい、というのは人間の心理ですが、ただでさえ、日本の食卓は欧米化し、肉類が増えてきています。

食事ではバランスを重視し、アラキドン酸を摂りたい方は野菜類も積極的に食卓に並べるようにしましょう。
また、心配な方はアラキドン酸のサプリメントがおすすめです。
量がはっきりわかるもので補えば摂りすぎということも無くなります。
アラキドン酸の摂取方法をマスターして、いつまでも聡明な生活を送りましょう。

トップに戻る