口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸不足になるのはどんな場合なのか

アラキドン酸とは、人の細胞等を構成するのに欠かせない必須脂肪酸のことを指します。
人間の身体に不可欠なものであるのに、体内での生成ができないために外部からアラキドン酸を取り入れるよう他の方法がありません。

このアラキドン酸がもたらす私達の身体へのとは、特に脳内の細胞膜の生成や血液特に血小板への作用です。
特に乳幼児・中高年には積極的に摂って欲しい成分の1つでもあります。
その理由としては脳への作用が強いためで、乳幼児には脳の発育・発達の手助けをする成分として、中高年には認知症や脳の老化防止の予防策としてです。
アラキドン酸は日々意識的な食生活をしていれば全く問題のない成分ですが、不足してしまう場合があります。
どういった場合に、アラキドン酸不足が懸念されるのでしょうか。
アラキドン酸が多く含まれている食物は、肉類・魚類なのです。

そのため極端な偏食の方や過度な食事制限をしているダイエット中の方はアラキドン酸不足になることがあります。
身体がアラキドン酸不足の状態に陥ると、思考能力や免疫力、そして精神的な向上心などが低下するなどの脳への影響と症状が出てしまいます。
免疫力が低下することにより、体調を崩しやすくなったり他の病気を引き起こす原因となることがあるのです。

食物アレルギーなどで十分にアラキドン酸含有食物を摂れない方や、ダイエットでカロリー制限をしている方については、サプリメントでの摂取をおすすします。
サプリメントであれば、大量に摂取する必要がないので、カロリーを気にする必要がありません。

トップに戻る