口コミとランキング
厳選&比較

赤ちゃんのミルクにもアラキドン酸は必要?

生後間もない赤ちゃんは、離乳食が始まる6か月くらいまで、お母さんの母乳やミルクのみを飲むことで、体も脳もぐんぐんと成長します。
赤ちゃんの脳の発達は、この時期、非常に目覚ましく、1歳になるころには、大人の脳の7割ほどまで成長します。

この脳の発達にとても重要な栄養素は、DHAやアラキドン酸です。
DHAは、なじみがありますが、最近注目を集めているのは、アラキドン酸です。
DHAとアラキドン酸は、ともに、脳を構成している脂質であり、この2つをバランスよく摂取することにより、脳がより、よく発達することが研究によりわかってきています。

このDHAとアラキドン酸ですが、母乳には含まれているのですが、ミルクには含まれているものと含まれていないものがあるのです。
DHAとアラキドン酸を含有するミルクと、含有しないミルクでは、脳の、記憶力や、問題を解決する能力、言語能力などに差異が生じることも研究によりわかっています。
ミルクを購入する際には、内容成分の表示を良く確認し、DHAとアレキドン酸がバランスよく含まれているものを選ぶようにすると良いでしょう。

また、離乳食が」始まっても、乳幼児は、自分の体内でアラキドン酸を生成する能力が極めて小さく、また食事の量も、まだまだ微量ですので、なかなか十分な量のDHAやアラキドン酸を摂取することは難しいと言わざるを得ません。
離乳食が始まっても、DHAやアラキドン酸配合のミルクを続けることをお勧めします。

トップに戻る