口コミとランキング
厳選&比較

赤ちゃん生育とアラキドン酸の関係

アラキドン酸は、脳の機能性を向上させるということで、今注目されているのですが、中でも赤ちゃんの脳の生育において、多大なる影響があるとして、話題になっています。
アラキドン酸は、別名ビタミンFと言われる必須脂肪酸であり、多くの場合、食材から摂り入れるのが理想なのですが、なかなか難しい場合、サプリメントで補うという形が主流です。
脳の成長が早いとされているのが、1歳前後の赤ちゃんで、まだ大人と同じ食事を摂ることが出来ない赤ちゃんは、お母さんからの母乳を栄養としている為、お母さんは、脳の発育にも良いとされる、このアラキドン酸の摂取が、その後の赤ちゃんの脳の成長や発達に重要な役割を持っていると言っても過言ではないのです。

勿論、母乳の出が悪いというお母さんもいますが、最近の粉ミルクには、DHAを始め、脳に良いアラキドン酸も多く配合されているので、記憶や言語能力の発達に貢献しているという研究結果が発表されました。
最近では、晩婚化と言われ、結婚年齢が高くなって、その分、出産年齢も高くなってきましたので、出産に対するリスクも高まりつつあります。
特に妊娠中に注意しなければならないのが、胎児の発育の問題であり、脳の発育が悪くなると、先天性の障害を持った子が生まれやすくなるので、注意が必要です。

ですから、妊娠中においても、アラキドン酸を摂取するのがとても効果的で、お腹の中にいる時から、出産後、離乳食が始まるまでの間、しっかりとお母さんが食べるものは、アラキドン酸が多く含まれている食材を選びたいものです。
アラキドン酸は、肉・魚・卵等の動物性食品に多く含まれている為、普段の食生活において、十分に摂取可能なのですが、一日に必要な摂取量としては、食材の中から全て摂り入れるというのは、若干無理な感じもあります。
ですから、どうしても摂り入れることが出来ない部分を補うという形で、サプリメントを摂るのです。

そうすれば、体内にいる胎児の脳の発育も良くなりますし、当然、出産後の母乳を飲む赤ちゃんの脳の発育も著しく向上することになるのです。
実際に、アラキドン酸を赤ちゃんに与えた際の研究開発も進んでおり、粉ミルクでの研究においては、記憶・問題解決・限度能力の発達レベルがとても高いということが実証されています。
逆に不足してしまうと、体重・身長があまり増えないという結果も出ています。
つまり、アラキドン酸と赤ちゃんの成長には深い繋がりがあり、今後も研究において、新たな発見が期待できることでしょう。

トップに戻る