口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸は、自閉症対策になるのか?

アラキドン酸は、自閉症対策になるというのをたまに目にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?
その人その人によって個人差があり、良くなると聞く人もいれば、逆に悪くなるという人もいます。
あるADHDの人が、アラキドン酸を多く含む豚肉や鶏ささみ、チーズ等のタンパク質が多めの物を摂取したところ、認知力が上がったと言う報告があります。

又、自閉症だけでなく、老人性認知症においても効果があるとされ、これは、極端な話、骨粗しょう症の人が牛乳を飲めば、すぐに治るというような話になってしまうので、必ずしも自閉症に良いというわけではありません
が、自閉症の治療には、内精神薬やてんかん薬と言ったものを服用するのですが、これは効果はあるものの、その分、副作用が酷いので、副作用の心配が要らないということにおいては、安心安全に摂取することが出来るでしょう。
そもそも、自閉症というのは、社会性に欠け、コミュニケーション能力が困難であるという障害で、先天性の脳障害の部分が多いが、そこから認知障害へと発展する場合が多いのです。

自閉症という名前から、学生の頃にいじめ等に遭ってしまい、部屋に閉じこもってしまったといったようなイメージが強いのですが、これは全く違う、先天性の脳機能生涯による発達障害なので、心療内科に通っても、改善することは無いのです。
この病気は、先天性ですが、3歳ぐらいから症状が出てきて、それが生涯に渡って続いていくものなので、サポートする人が必要になってきますし、想像力を働かせる能力に障害があるので、変わった行動を取ってしまい、周囲を困惑させてしまうことがあり、社会から取り残された感じになってしまいます。
勿論、一人一人現れる症状には違いがあるので、見た目的には分からないことも多く、しばらく付き合ってみてから、「何か変?」と感じるようです。

そんな中で、まだまだ研究途中ですが、アスペルガーや自閉症と言った症状に効果があるのが、アラキドン酸サプリメントなのです。
自閉症と診断された患者さんに、アラキドン酸錠を投与したところ、4か月後に自閉症の症状の一つであるコミュニティ障害が軽減されたそうです。
教室から頻繁に抜け出す子どもが、静かに教室に座っていることが出来るようになったという報告もされており、アラキドン酸錠の効果の高さを示すものです。
今後も、この症状の改善研究は行われ、将来的には、完全に完治できるまでになると期待したいですね。

トップに戻る