口コミとランキング
厳選&比較

アラキドン酸を供給する源

動物や植物から得られる油脂分はたくさんあります。
大豆油や菜種油それにゴマ油など良く耳にするものがあります。
しかし、大豆を煮炊きして食べても油分があるとは感じられません。
なのに動物の肉を食べると油分の多さを感じます。
この感じ方の差は何でしょう。

油分の感じ方の差は、牛肉や豚肉などを食べると焼いている最中に肉汁がで行きますが、この油の殆どが飽和脂肪酸です。
常温で固体となっている脂肪の事を飽和脂肪酸と言って、油っぽく感じる源です。
油分をあまり感じさせないものは、不飽和脂肪酸と言って、常温でも液体で存在します。
植物から得られる油分は、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸と多価不飽和脂肪酸のリノール酸です。
オレイン酸は、善玉コレステロールを増やす役目をしてくれ、リノール酸は、体内で合成されてアラキドン酸を作りだします。
アラキドン酸は、細胞膜内でリン脂質として存在します。
血圧調節、免疫機能、血液凝固の作用をするほか、特に脳の働きに関係していて、学習・記憶能力の改善がみられることから、認知症の予防に役立つと考えられています。

アラキドン酸の供給源は、リノール酸ですがその元は植物に含まれる油にあります。
人体にとって非常に役立つ効果がある反面、摂食過多になると様々な症状を引き起こす危険性もありますので、注意をして下さい。

トップに戻る