口コミとランキング
厳選&比較

摂り過ぎの食生活に要注意

飽和脂肪酸は、融点の高い物質(常温で固化)で、エネルギー源や人体の成長源としても必要ですし、体調を整えるのにも重要な役目を担っています。
これ以外の脂肪酸は、不飽和脂肪酸と言って、融点の低い物質(常温で液体)で、n-3系脂肪酸のものは、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、α-リノレン酸が有り、 n-6系脂肪酸には、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸があります。

注目すべきアラキドン酸は、免疫機能を調節すると同時に血圧を調整しますので、あらゆる症状の予防改善に役立っています。
アラキドン酸は、脳内細胞膜のリン脂質にドコサヘキサエン酸(DHA)と共に多く存在していて、脳神経の伝達機能を司っています。
しかし、過剰に摂取すると予期しなかった症状(動脈硬化、高血圧、心不全、脂肪肝、アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎)になる事が懸念されますので、気を付けてください。
この物質は、日常の食事で摂取されていることが多く、サプリメントなどで余分に摂取される場合は、用量を厳守することが大切です。
発癌性に関しては、まだ解明されていないことがありますが、一応疑ってかかる事が肝心です。

アラキドン酸は動物性食品に含まれている物質ですから、これらの食物を過度に摂食せずに、野菜を中心とした食生活を、お勧めします。


トップに戻る